結婚式!

帰省して、学生時代の親友の結婚式にいってきました♪
彼は保健師として働くかたわら、大学へ通って修士号をとった頑張りやさん。
今年学生生活を終え、ようやく結婚と相成りました。

妹からパーティ用の鞄と巻き髪用のコテを借り、慣れないヒール靴を履いていざ式場へ。挙式からの参加なので朝が早かった。今までの結婚式って夕方開催というパターンが多かったけど、昼から参加ははじめて。最近はそういう傾向なのかしら。

挙式会場で他の友人たちと合流。みんな全然変わっていないなぁ。
そこで両親や姉へ挨拶。
初対面の姉に「ねえ、mさん(新婦)ってどういう人なの?」と突然聞かれ、
「まあ、優しい人ですよ。ただちょっと嫉妬深いところはあるけど…」と答える。

挙式開始。真っ赤なバージンロードを歩く2人。
神父さんより誓いをたててもらい、式はおごそかに進む。精一杯の拍手で祝った。

そして披露宴会場に移動。
新郎新婦が写真撮影している間、友人代表の挨拶を他の友人と3人でお願いされていたので、挨拶を読みなおしコントパートを練習。ほぼぶっつけ本番で挑むことに。
また隣の会場で「○○家 結婚披露宴会場」とあり、それが高校の頃付き合っていた人の苗字だったのでものすごく動揺してしまい、こっそり見に行くと全くの別人だった。
よかったー。

披露宴では学生時代の同級生が多数参列していたが、みんな変わりすぎていて誰が誰だかわからない人多数。隣に座っている方の大きいおなかをさすさすしてあやかった。
こうしてみると結婚・妊娠・離婚(一部)を経験している人が半分以上いるので時間の流れの速さにただただ驚く。ちなみに、既婚と思われていた。
友人代表の挨拶コントも大うけだった。式次第に自分の名前があるのがなんとも言いがたいぐらい誇らしい。

数回披露宴に参加して思ったことだけど、ホテルでの披露宴はだいたい決められた演出での流れなので印象に残りがたい。特に最後のほうで新婦が両親への感謝の手紙を読みあげ(ここで必ず泣き出す)花束を渡したりするのはホテル側にどうも「やらされている」演出くさい。あと写真撮るときホテルの人がかなり邪魔。
本人たちをけなしているわけでは無いけど、個人的にホテルでの披露宴は疲労しそうなのでやりたくないですな。しないとおもうけど。

ともかく、結婚おめでとう!
後に続けるようがんばります・・・
by hanemono99 | 2006-03-30 10:12 | たわごと
<< SPIRIT。 帰省日記。 >>